人工歯としてのインプラントは永久に虫歯から免れますが、歯周病には気をつけて下さい。長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングはずっとつづきます。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎を疑って下さい。感染が重篤化する危険性があるので一日でも早く歯科医の診療をうけましょう。インプラントは決して虫歯になりませんが、メンテナンスは自分の歯より楽ということにはなりません。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

食べかすをのこしておくと歯茎の炎症を起こし歯周病を引き起こすこともあるのです。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は基本的に一生と説明されることが多いようですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。
毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、数年でインプラントが劣化し、また手術をうけなければならなくなります。

口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、それだけインプラントの使用可能年数も短くなってしまいます。これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯に影響を及ぼしたくないなどの要望があるケースです。ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯を直接再生する治療と言えます。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると要望があるケースでは他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思っております。

技術の進歩した今では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それも皆無とはいきません。
義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、噛んでいるとグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。

沿うした不具合は、歯科医の技術・経験不足のせいといえるでしょう。インプラント手術の経験と実績のある歯科医を選ぶことが大切だといえるでしょう。